2017年9月15日金曜日

2017年9月13日~台風直撃のHappiness

こんちわ、さわだです。

何人かの方々から、ごしんぱいの連絡をいただきましたが、すこぶる元気で、しかも快適にやっております。

私が台風で盛り上がっちゃうのは、みなさんご存知の通りで、
実際に台風が襲来するのを待ち焦がれていました。

あれはいつだっかな?

天気予報見たら、なんか台風っぽい渦が2つ…


いよいよ来るかと思ったら、一方には「台風18号」と名付けられて…宮古島に一直線に…

来るぞ( ̄▽ ̄)


いよいよ上陸かと気色ばんだ13日早朝、朝飯当番のオレは5:30に部屋を出たんだけど、その時はまだ風が強いくらいで、一応念のため車で出勤した。

勤務が終わって14:30、車に戻ろうとするも、かなり激しい雨と風で50m先の車にたどり着けず、これを夜までなんども繰り返したのだけれど、もう外出るだけで、風の負圧で耳がいたいし、雨に打たれれば露出している部分、顔とか手とかね、うたれて痛いし、何より風がひどくて前に進めないどころか、身の危険を感じるほど。

もうこんな感じ
video

仕方なく部屋を取ってもらって、ホテルに泊まることにしたんだけど、コレが5人部屋で、寝ようと思っても後から後から人が入って来て、喋るわ、風呂入るわ、鼻かむわ、タン切るわでうるさくて…

眠れないことはなかったんだが(^_^;)

で、翌朝(14日)の早朝に目が覚めたので4:30頃に寮に帰って見た。

もうね、道がないの、飛んできた葉っぱとか枝で埋まっちゃって。

で、手探りで運転して帰ったんだが・・・

寮真っ暗(´Д` )

玄関真っ暗で、もう何も見えない。
携帯の明かりでなんとか部屋にたどり着いたけど、部屋も真っ暗、とりあえず暗い中でもシャワーくらい浴びておこうと思ったが、水道が何も出ない。

仕方がないので、下着類だけとっかえてホテルに戻る。

この日も朝食当番だったので6時に出勤して・・・

仕事終わって14:30、も一度寮に帰ってみるが、相変わらずの停電状態。

とりあえず冷蔵庫の中のもので、痛みそうなものだけ保冷バッグに入れて、厨房の冷蔵庫に保管させてもらって、またフロントに「同じ部屋に泊まれるか?」って聞いたら、その部屋はもう予約が入ってて使えないとのこと。

とは言っても、こっちもどっか寝る場所確保しないとならないので、「そこをなんとか」って頼んだら、兎に角夕方以降で部屋割りが確定するので、それ以降に連絡し直すようにとのことで、和食の事務所で時間潰すこと数時間…

読むものもないので古い和食の本


19時くらいにまた内戦かけたら「今チェックインで忙しいので後にしてくれ」と

19:30再度電話したら「コッチ(フロント)に来てくれ」ってーんで、フロントへ。
「んー、掃除してない部屋しかないんですがいいですか?」

「シャワーと、トイレとベッドがあればもうどこでもいいので、どっか居場所くださいな」

ということで充てがわれた430号室。


普通にリゾートホテルのツインルーム

余りに暇なのと、時間つぶすグッズもないので・・・・

風呂なんぞに入ってみたり

一応持ってきておいた本読んだり

なんかちょとしたエグゼクティブ気分である( ̄▽ ̄)

翌朝・・・

なんか超いい天気

風はまだ強いがね
video

しかし、プールは復旧がまだ

普通にホテル暮らしみたいでとても気分がいい

下に降りたらガジュマルの木が根っこからもげてた

信号も停電したまんまだが、特に不都合なかったりする

結局、15日になっても寮の停電が復旧せず、「また宿泊か( ̄▽ ̄)」と喜んだのもつかの間、「寮の電気戻ったみたいですよ」って聞いたのが、19:30くらいだったかな?

無事に部屋に戻ったのはいいけれど、なんだかかび臭い・・・(--;)

エアコンかけて、まぁ普通に寝たんだけどね。

次の日から休みで、東京から仲間が来てたりしたのでBlog書くのが遅くなったんだけど、まぁ中々に盛り上がった台風でした。

「東京行ったら面白いのになぁ」と思ってたのに、逸れた上に気が付いたらもう北海道の方に行っちゃってたのね、なんかつまんない(´-ω-`)

結果的に、こんだけの台風が島を丸ごと暴風域に閉じ込めること丸1日・・・・


けが人一人だってさ( ̄▽ ̄;)

恐るべし、宮古島・・・

2017年9月11日月曜日

【有毒】発作とバチスタと大根役者

も~我慢できん(-”-#)

ので吐き出すことにした。

吐き出したいのはやまやまだが、こっちに友達がいないので誰とも話ができない。

したがって吐き出す場所がここしかなく、大概は楽しい話で終始するはずの私の投稿が見る人によっては不愉快に感じるかもしれないので、あらかじめ断っておきます。

ごめんなさい<(_ _)>

さて、昨日ですが、また発作が来ました。

以下、「イチゴ白書をもう一度」のメロで

いつか~

医者が言った~

発作が~

またきた~


昨日は朝食当番で、朝のうちからなんか嫌な気配はあったんだけど、夜になって激痛になって行ってね・・・・

俺としたことが怖くて、酒が飲めなかった(T▽T)

で、仕方なく「チームバチスタ」を見てたのよ、25時くらいまで。

で、これは前から何度も思っていることなんだが、



余りにも役者がダイコン過ぎる

つか、脚本がクソ!

伊藤ナントカって、確かあれは小役出身の役者じゃないかと思うんだけど、それが東条医大とやらの心療内科の医者で、それぞれの事件を調べに厚生労働省から派遣されてくるのが仲村トオルなんだけどね、「コイツらいい加減頭おかしいんじゃないか」と思うくらい、イチイチやってることがクソなのよ。

原作は読んでないから、そこは何とも言えないんだけど、事件の内容とかは非常に興味深いので、多分しっかりできてるんじゃないかと思うんだ。

まぁこれは推測でしかないので、もしかしたら原作もクソなのかもしれないけど、そこは読んでないので触れずに置いとくとしてさ。

もう何度も同じような事件にかかわってるのに

「僕には〇〇先生がそんなことするとは思えないんです!」

とか

「ナントカ先生に限ってそんなことするはずは」

とか

「僕は信じたいんです!」

とか・・・

バカじゃねーか?

まぁドラマである以上、「そう思わせておいて実はこうだった」というのは必要だとは思うんだけど、散々同じように信じてたケースを裏切られてたら「もしかして・・・」とか思うのが普通じゃん?

脚本もクソで、別荘地に潜んで・・「潜んでいる」かもしれない人間を探すのに、大声で

「ナントカさーん」って・・・

隠れるか逃げるに決まってるじゃん!

そこで

「なんでしょー♪」

とか出てくると思ってるのかね?

挙句の果てに、事件の容疑者(というかすでに自白しているので犯人)を捕まえもしないで「明日パトカーをよこしますんで」とか言って、犯人に自殺されちゃう。

はぁ?

俺はほとんど・・・というか全くテレビを見ないので、ドラマとかも最近のはほとんど見てなかったんだけど、あまりにもひどすぎる。

あぁ、なるほど、「デイブ・スペクターが言ってたのはこういうことか」

と、ある意味で合点がいった。

そのデイブスペクターの記事

俺が役者か、事務所の人間だったら台本渡されたら

「これちょっとないんじゃないですか?」って言うよ。

だって明らかに変だもん。

それでもやるんだよね、脚本通りに。

脚本がどんなにひどくても。

一方で日本の映画は、クオリティ高いと思うのは、やっぱ監督なり脚本なり、演者のキャスティングなんかにも気を使っているからなんじゃないかと思うんだけど、まぁ兎に角ドラマはひどい。

あんまりに暇なので、amazonプライムでドラマを探すんだけど、あえてここでタイトルは出さないけど、1話見てやめたどころか、最初の10分で見るのやめちゃったドラマが実に多い。

本当に面白くないんだよね。

つまらないんじゃないの、「面白くない」の。

むしろ不愉快に近い。

「つまらない」と「面白くない」は同じじゃないのか、って思う人もいると思うけど。

「つまらないことがあった」


「面白くないことがあった」

との違いだったら分かりやすいと思う。

まぁ映画関係の人は「映画とテレビを一緒にするな」って言うんだろうし、俺も別に一緒にしてるわけじゃあないんだけど、やはりあまりにもテレビの制作者のレベルが低いんだよね。

だからきっとテレビを見無くなったんだろうけどね。


で、「チームバチスタ」・・・・

もう全然「チームバチスタ」じゃねーじゃん(--;)

シリーズ4つあって

1.心臓バチスタ手術での連続する失敗事例(死亡事故)に関する事件

2.救命救急病棟での汚職と殺人に関する事件

3.死亡時画像診断(A.I)の導入と推進に際して起こる殺人事件、とそれにかかわる過去の冤罪事件

4.死期を迎える患者の終末医療を行う専門病院で起こる殺人事件と安楽死疑惑

と、「バチスタ」は1件目だけで、あとはバチスタ関係ない。

それぞれいい役者がいないこともないんだけど、

昨日見た「4」の柳葉さんとかはすごくいいのね。

なのに他がクソなので、もうどうしようもない。

腹が立つけど一応最後まで見終わったのが昨日の25時過ぎ。

酒も飲んでないので、全然眠れん

しかも外ではカエルがうるさい
video

暗がりの中でSiriに「今何時?」って聞いた時が1:58分。

そっから手首が痛くて・・・

上にあげると少し楽になるのね。

なので、体のわきに枕おいて、その上にのせてみたり、体を左向きにして右腕を上側にしてみたり・・・・

まぁどんなラーゲにしたところで、激痛が治まらない。

「寝れねぇな、こりゃ・・・」

と思って、もぞもぞしてたんだけどいつのまにか寝ちゃってた・・・

と気が付いたら5時に目覚まし(=_=)

酒飲んでないからなのか、意外と起きれるもんで、そっから起きて日記付けて英語勉強して、選択して買い物行って、今Blog。

別に今日は書く予定はなかったんだけど、あんまりにも腹が立って誰かにぶつけたくてね。

ちなみに何日か前に見たキムタクの宮本武蔵はとてもよかった( ̄▽ ̄)

あれ?これ書いたっけな?

さて、一応今は痛みも治まってきたので、ちょっとはいろいろできそうなんだけど、夜酒飲むのかなぁ~


2017年9月8日金曜日

2017年9月7日(木)~職場で飯を食ってみた

さわだです、元気でやってます。

近況報告です( ̄▽ ̄)

転職して2か月ほどたったけど、生活のペースもやっとつかめてきてね、
朝6時からの朝食当番の時と、昼からディナータイム終了までの当番の
時と、まぁ大きく分けて2パターンあるんだけど、どっちの時も、
というか、毎日5時に起きるようにしてるので、そのまま出勤するか
朝勉強したりDVD見たりして、昼めし食ってから出勤するかの
違いなので、どっちにも順応できるようにと毎朝5時に起きてます。

で、同じ職場の女の子(推定30前後)と映画とか本の話が結構
あうので「一度食事でもしましょう」ってな話しになって・・・

折角だから、「自分たちの店で食事してみよう」って話しになって
行ってきたのね。

入口、こっから入るのは初めてだ

着席します

まずはビール

外食しないから、なかなかビールも飲まないんだよね(^^;)

お造りの皿

真ん中の魚、なんだっけな?

聞いたのに忘れちゃったよ。

これはバクダン的なやつ

これまた魚の名前忘れたけど、カマ焼き

非常に淡白でおいしかった( ̄▽ ̄)

握り

手前の真ん中にあるのが宮古牛、あとの魚は聞いたけど忘れちゃった

ともしたらステーキが出てきた

他にも天ぷらとか出てきたんだけど、写真撮り忘れちゃったよ。

もう食いきれないほど出てきて、ホテルのBARに移動してプールサイドで・・・

また写真忘れたし( ̄▽ ̄;)

ということで、さんざん飲み食いして、こんだけのもの食べさせてもらって・・・

なんと一人当たり2300円( ̄▽ ̄)v

えー!まじですか!

なんかこんなにしてもらってそんな金額なんて・・・

毎日でも行きたい( ̄・・ ̄)

と思ったんだが・・・


毎日行っていた(´-ω-`)

まぁ、不愉快な人もいるかもしれないけど、軽く自慢ね( ̄▽ ̄)

でも、遊びに来てくれれば、ご案内できるので来た時は一緒に
ここに行きましょう♪

ということで、実は今日は休みだったんだけど、昨日の夜にはしゃぎすぎて、
今朝は一応5時に起きたんだけど、そのまま二度寝しちゃって10時くらいまで。

洗濯機回して、弟に誕生日プレゼント送りに行って帰ってきてまた昼寝。

18時までドラクエやって、今やっとBlog・・・

ということで、ほとんど1日棒に振った今日の休日( ̄□ ̄;)

さて、これからいろいろやらなくっちゃ。

今月はバンド仲間が遊びに来てくれたりするので、中ごろから忙しいのだ。

ということで、元気で楽しくやってます。

9月に入って、飛行機とか安くなったので、ぜひ遊びにきてね~♪

またね💋

2017年8月15日火曜日

2017年8月~転職したり、先輩が遊びに来たりの昨今

こんちわ、さわだです。

6月に短い時間でしたが、上京した際の日記以来ご無沙汰しておりました。

一部の方にはご報告させていただきましたが、7月に
「もう何回目か数えるのが面倒」な何回目かの転職をいたしまして、
7月から宮古島東急ホテル&リゾーツに勤務させていただいております。

転職の経緯は一部の方にはお話ししましたが、ここでは長くなって、
面倒なので割愛します。

仕事はまた調理なんだけどね、これが・・・

今までと違って、ちょうラクチン( ̄▽ ̄)

いやね、面接の際に一応希望は言ったのよ。

「待遇が今より下がっていいので、なんかこう、責任のない、言ってしまえば『もう誰でも替えが効く』くらいの仕事がいいんです、例えば草刈りとか」

って言ったのよ、そしたらさ、そっちは手が足りてるんで厨房に人がほしいって言うのね。

で「私は元々が料理人ではないので、もう『あれやりながらこっちも見て』とかいうのはできないですし、かえってご迷惑をおかけすることになると思うので・・・」

って言ったらさ「いや、調理補助という仕事なので、そんなにいろんなことはないですから・・」

みたいな話しで、結局また厨房で仕事をすることになったんだけどさ・・・

もうね、シフトが何パターンかあってね、俺の場合は2パターンなんだけど。

昼から翌日の朝食の仕込み、1時間休憩して、夕方から夕食の営業の準備とディナー営業。
時間的には12:00~14:30、15:30~21:00、で9時間拘束の8時間労働。

というパターンと、もう一つは

早朝から朝食の準備、1時間休憩して、翌日の朝食の準備。
時間的には6:00~10:30、11:30~14:00(または14:30)

というパターン。

なんと、午後2時に仕事が終わるというシアワセ( ̄▽ ̄)

例えばさ、翌日の朝食の仕込って言ってもね・・・

この器全部に延々ともずくを盛るだけ

とかなのよ。

もう鼻歌歌いながらだって仕事で来ちゃう。

朝は朝で、「魚焼くだけ」とかでね、仕事終わると朝食会場で出してた大皿料理とか余った魚とかいただけちゃう。

こんな感じ

米は窯炊きでめっぽううまい( ̄▽ ̄)

そして仕事場は、すぐそこが「東洋一」ともいわれる前浜ビーチ

向こうに見えるのは来間島です

しかし寮からの眺めは一面畑

でもね、8時近くまでこんなに明るい

空なんかまだ青かったりする

とまぁそんなこんなで、さらに楽しくなってきた離島の生活なんだけどね、さすがにハイシーズンでこの7~8月は誰も来る予定がなかったのよ。

ところが7月の末頃かな?

ワーナーの仲間で、これまたワーナーの先輩の森田さんの奥さんから

「うちの旦那、来週宮古行くよ」って連絡があった( ̄▽ ̄)

運がいいことに、その日は休みになっててね、「オリオンビアフェス」ってイベントになんかアーティスト連れてくるってーんで・・・

久しぶりにフェス的なものに行ってみた

ローカル感バリバリである

私は車なので、ビールは飲まずにかき氷で

7!!(セブンウップス)というバンドでした

花火も打ちあがったがとても地味だ
video

打ち上げ後に合流

と、これが8月の5日の出来事。

時は流れて1週間ほど。

実はこの8月の13~15にかけて来る予定だったヤツがいたんだけど、
なんか面倒なこと言うんで「もう来なくていいっ!」って断ったのね。

んで、ぽっかりと予定が開いちゃったところに、
本島から例の「紫」のRayさんが来るというので・・・

早速夜のミーティング

まぁ実はこの日、13日は早番で14時には仕事終わってたので
厳密には休みではなかったんだけど、うまい具合に空いてたところに
Rayさんの予定が重なってよかった(^^;)

翌日、どうしてもとんかつが食べたくて・・・

とんかつ一番でとんかつ定食650円

夜、どうしても肉の塊が食べたくて・・・

なんと自分でステーキを焼く( ̄▽ ̄)

ハネシタという肉で357円という破格(@▽@)

そして、今朝・・・

どうしても・・・・

スパゲティが食べたかった( ̄▽ ̄)

納豆とじゃこの冷製スパゲティを作ってみたんだが、冷水がないので生ぬるく仕上がりました(^^;)

そして、せっかく休みなのだから海へ行ってみたんだが・・・

波と戯れるウミヘビ
video

漁をしているのか、網を持ったままウロウロするオッサン

遠くまで行っちゃって・・・

ここは「与那覇湾」ってところで、さすがに「湾」だから水が滞留しないのか
こちの海にしては若干濁ってたね。

とまぁそんなこんなで、連休的3日間ももう終わり。

明日から、水木金と働いたらまた休みだ( ̄▽ ̄)

ちなみに、月の勤務の単位が「16日~翌月15日」という区切りになっていて、
毎月10日までに申請すれば次のシフトでは自由に休みが取れることになってる。

こっちに来る予定がある人は早めに教えてくれれば、
きっちり休み取れるのでぜひ遊びに来てくださいな。

ということでまたね(^^)/

2017年7月14日金曜日

二子玉川に対する想い

瀬田で店やってる友達が「高島屋でセールが始まった」という投稿をしたので、
ふと「二子玉川」の事を考えてみた。

25からおよそ50になるまで、「ほぼ四半世紀」の間、二子玉川に住んでいたんだね。

何で二子玉川だったかというと理由は単純なんだ。

当時レコード会社でディレクターやってたんだけど、毎晩帰りが遅くなるんだよ。

で、3時でも4時でも帰るとおふくろが起きてくるんだよね。

遊んでるわけじゃないんだけど、これがひどく心苦しくてね、「もう一人暮らししちゃおう」と。

いまも歌手の小林幸子さんのマネージャーやってる山村さんって人が、二子玉川に住んでて、「紹介してやるよ」って言われて引っ越した先が玉川4丁目の「吉岡マンション」だった。

二子玉川にしたのは、たまたま山村さんが住んでたマンションがあって、実家が近かったというだけだった。

二子玉川で一人暮らし始めて、3年くらいかな?

今の嫁さんと結婚するわけなんだけど、結婚した当時はまだワーナーにいてやめるつもりもなかったので、そのままそこに住んだ方がお互い通勤もしやすいってことで、吉岡マンションに住み続けた。

翌年、子供が生まれて、広くはないけど、隣の一家なんて同じ間取り(3畳、6畳の二間+キッチン)に高校生の子供が二人いて4人で住んでいたので「まぁ別にいいだろう」とそのままそこに住んでたんだね。

しかし、子供が大きくなって歩けるようになってくると、手押しの台車みたいので、犬とかの木の細工がカタカタ動く子供のおもちゃあるでしょ?

アレをさ、子供が部屋の中で押して遊ぶんだけど、3歩くらいで行き止まっちゃう(^^;)

「来年は幼稚園に入るし」ということで、友達なんかが遊びに来ても恥ずかしくないようにって、新築のマンションに引っ越したんだ、これが2000年ころかな?

2002年に瀬田に一軒家を建てて、そこで暮らすようになるわけだけれども、二子玉川を終の棲家(一応当時は)に選んだのは、やはり「子育て」という側面が強いんだよ。

自分の両親が成城を選んだのも「(代田から)通うときに繁華街をとおらないから」というのが理由だったみたいだが、誘惑に弱い俺の意志の弱さを見抜いていたんだね。

少しばかりの悪いことはいくつかしたけど、大きく道を外れる悪さにまでいかなかったのはそのおかげかもしれない。

とまぁそういうことで、自分の娘も「二子玉川」「成城」という「世田谷のみ」というロケーションで生まれて育ったわけだ。

どっかの太ったオカマが「アタシの一番嫌いな街」とか言ったらしいけど、まったくわかってないね。

少し車で走れば畑ばっかだし、この時代に無人販売所がまだアチコチにあって、住所でいうと「鎌田」になるんだろうけど、ひまわり畑があったり、もちろん川があって、夏には真上に花火が上がって・・・

「上っ面だけのオシャレさ」なんてみじんもないよ、畑と虫ばっかだよ(><)


まぁそういうわけで、二子玉川に家を建てたんだ。

「デブのオカマ」は人の愛する街を批判してないで、自己批判をすればいい。

ところが様子が変わってきたのはここ数年。

駅の向こう側は、「二子玉川園」がなくなってから、冬はアイススケートリンクになったり、住宅展示場になったり、ナムコワンダーエッグができたり「いぬたま」「ねこたま」なんてわけのわからない語呂合わせのアミューズメントができたり・・・・

で、ついには「再開発」ということで「二子玉川ライズ」というビル群が出来上がることになった。

住人しかわからないと思うけど、乗り降りする人数の割には駅が小さいんだよね。

ホームで電車待ったことがある人はわかると思うけど、こっちが田園都市線、あっちが大井町線、同じホームで整列乗車ができるように線が引いてあるけど、隣の溝の口の駅と比べると、ホームの広さが断然違う。

よくアレで事故が起きないなと思うよ。

その駅の乗降人数が、楽天の社員も含めて1万人以上増えることになるんだ。

おまけに慢性的に渋滞している瀬田の交差点にも、「劇的」ではないかもしれないが交通量が増えることになる。

こうなったらもう住みやすくもなんともない。

子供が大きくなるまではよかったけど、もう住むところじゃなくなっちゃった。

実際にね、住民は高島屋とかライズの恩恵を享受したりはしてないんだよ。

うちの嫁さんなんか、週に一度用賀のOKまで買い出しに行くんだけど、あそこらの主婦はみんなそうみたいだよ。

車でブーっときて、駐車場並んで、買い物して家族でご飯食べて帰るなんてことやってるのは、住民じゃなくてよその人ばっかだ。

懐古趣味はないけれど、俺が引っ越したころの二子玉川はよかったよ。

商店街なんて何もなくてね。

大して美味くもないけど「おると亭」って使い勝手のいい庶民的なラーメン屋があって、何度かしか行ってないけど銭湯があって、店名はわかんないけどマニアックなエロ本の種類が豊富な雑然とした本屋があってさ。

俺は名前知らないけど、会えばあいさつするクリーニング屋のおばちゃんとか焼き肉屋のガイジンがいてね。

住みやすかったし、「砧公園」とか「岡本民家園」みたいな姪も娘も遊びに連れていける自然があったし。

駅からは富士山見えるし

台風来ると川が氾濫するし


娘も大きくなっちゃったから「近所に遊びに・・・」なんて犬としかできなくなっちゃったけど、でもいい街だったな、二子玉川。

もしかしたら「なにもない」ってーのが、きっと好きなのかもしれないね( ̄▽ ̄)


2017年7月11日火曜日

生姜焼きに対する想い

生姜焼きが好きである。

幼少時にさかのぼる。

恐らく、人生で初めて生姜焼きに接したのは小学校時代だったと思う。

当時住んでいた、井の頭線の「東松原」という駅の改札を出て、歩道橋を降りたところに「萬来軒」というラーメン屋があった。

「あった」と書いたが、どうやらまだあるようだ(^^;)

親が出張がちだったために、弟としばしばここで食事をしていた。

まだ「コンビニ」とかでき始める前のハナシだ。

「いないときに火は使わない」というルールだったため、
外食するか出前を取るかしか選択はなかったのだ。

弟は、マーボー丼をよく注文していた気がするが、
私はほとんどの場合で生姜焼きを食べていたと思う。

しかし、このころはまだ「生姜焼きが好きだ」という自覚はなかった。

少し大きくなって中学生になると、当時BMXで遊んでいた私は
仲の良かった友達が住んでいる用賀あたりまで遊びに行ってた。

今でもよく覚えているが、桜新町で初めて東秀で食事をした。

その時もまだ「生姜焼きが好きだ」ということは認識していなかったが、
やはり東秀でも生姜焼きをよく食べていたように思う。

※のちに「回鍋肉」を知り、東秀ではデフォルトで回鍋肉を注文するようになる。

中学のころ、学校の近くに「NEBA」という定食屋があった。

サッカー部の連中が常連だったが、私も学校が昼で終わる土曜とかには
よく行っていた。

多くの連中は「風味焼き」か「醤油焼き」を頼む。

「風味焼き」はピリ辛の、醤油焼きはすき焼き風だ。

しかし私はここでも生姜焼きを頼む。

ここではロースとひれが選べるのだが、もちろんセレブの私はひれを注文する。

「A」と「B」があって、「B」は肉が1枚多い。

いつもの注文は「ひれショウガのB」だった。

ここの生姜焼きはたれが多くて、キャベツまでかかってるのがポイントだ。

生姜焼きを頼んで、キャベツにまで醤油をかけて食べるようになったのは
この店がきっかけだったと言っていいだろう。

高校生のころだったか、松屋を知る。

もちろん頼むのは生姜焼きである。

「ショウガ定、シロ大盛り」というのが当時の「トオシ」であった。

「生姜焼き好き」を自覚したのは大学生のころだったか。

当時付き合ってた彼女に「じゅん君、生姜焼き好きね」って言われて
「あ、そうかも」と思った。

ちなみに、今自分で作っている生姜焼きのレシピ(というほどのものでもないが)は
その彼女のものだ。

そして、じゅん君は社会人になる。

最初に配属された部署の課長が「ここはカツ重がうまい」と連れていかれた
とんかつ屋がある、もうなくなってしまったが東急文化会館の並びにあった「蓬莱亭」。

最初は言われた通りカツ重を頼んだが、やはりデフォルトで生姜焼きを頼むようになる。
余りに四六時中行ってたので、いつもご飯もお水も言わなくても大盛りで
出してくれていた。

どこに食事に行っても、生姜焼きがあれば大概頼んでみる。

人生でベスト3を選ぶと「蓬莱亭」は間違いなく入る。

社会人になって、ワーナーを退職して当時の上司・・・
知っている人も多いと思うが、私の「メンター的な存在」ともいえる
池田晃太朗さんが作った会社に転職した。

六本木のマルマンビルというビルで、1階に「ほの字」という居酒屋があった。

実は、転職する前に何度かそこに飲みには行ってたが、
ランチをやってるのは知らなかった。

まぁ昼間に六本木も行かないのだが・・・・

片栗粉付きの生姜焼きを食べたのは、ここが初めてだった。

それはそれで衝撃的であったが、やはり「粉なし」が望ましい。

島に来る前に一度食べておきたいと思っていたのだが、中々六本木は
「ついで」もないので、行けずじまいになってしまったのが心残りではある。

ところで映画が好きで、よく銀座に行っていた。

銀座に行くと東芝ビルの地下にあった・・・もう名前も忘れたが
そこにあった定食屋でよく生姜焼きを食べたが、これもうまかった。

東芝ビルがなくなって、地下鉄の銀座駅のニュートーキョー前に出る
出口からシャンテに向かう途中にある「八百八町」という居酒屋のランチでも
生姜焼きをよく食べていた。

ほとんどの店で共通する点は「ごはんお代わり自由」はモチロンのこと、
「ロース肉を使っている」という点である。

バラ肉を玉ねぎとかの野菜と炒めてあるのも悪くはないが、これも幼少期の
記憶によるのか、「萬来軒」の生姜焼きがロース肉だったからかもしれない。

そしていま、離島にいる。

何度か生姜焼きを食べた。

西里通りの「レオン」、イオンタウンにある「なびい食堂」、
とんかつ屋の「とんかつ一番」。

どこも「バラ肉炒めタイプ」だった。

SNSに投降したところ「チャンプル文化圏なのだからしょうがない」と
友達に言われた。

確かにそうなのかもしれない。

ファミレスも調べたが、「和風亭」「ジョイフル」「ばっしらいん」と
3軒ともメニューに生姜焼きはない。

しかし、どうしてもロース肉のショウガ焼が食べたい。

SNSには「自分で作ればいいじゃん」と書き込んだ仲間もいた。

しかし、寮のキッチンは形だけはキッチンだが、加熱はIHだし
シンクは極小で洗い物も料理もする気が全くしない。

しかしどうしても食べたい。

必要なのは「ヤル気」だけである。

「ヤル気」があれば大概のことはできる。

まずは「ヤル気その1」

炊飯器を買う


まずはまな板も包丁も使わないで済むモノ・・・・

麻婆豆腐を試作

よし!やる気は整った( ̄▽ ̄)

別日・・・

買い物に・・・

行くと中国人だらけ(--;)

クルーズ船が到着すると、どこもかしこも中国人だらけになるのだ。

キャベツを刻む 

調味料を用意する

ニクなんてなんでも同じだ。

安かったので多めに買っておく

焼く
video

 でけた

写真の色が悪いが、これに近い

いただく( ̄▽ ̄)v

私とランチをしたことがある人は「おや?」と思うだろう。

私はあまり嚙まないで食べるので、よくよく「のどがツカエ気味」である。

なので、食事の時は水をガブガブ飲む癖がある。

前途の蓬莱亭で、ほかのお客さんにはお茶が出ても私だけ「でかいグラス」で
水が出てくるのはこのためである。

で、水のハナシ。

宮古は水が湧かず、河川も湖もない。

なので、地下水で生活しているのだが、これが軟水で水道の水をそのまま飲むと
腹を下すことになる。

なので、飲み物はお茶ということになる。

マリーアントワネットではないけれども「水がだめならお茶を飲めばいい」のである。

「ミネラルウォーター買えばいいじゃん」という人もいるだろうが、
水よりもお茶の方が安い。

血は水より濃く、その水はお茶より高い。

血>水>お茶、ということだ。

話がそれたが、やはり自分で作った生姜焼きは「格別」である。

満腹になった( ̄▽ ̄)

2017年6月19日月曜日

6月14日(水)〜50歳のオレ上京編(Day3~その後)

さて、あわただしかった私のエマージェンシーミッション in Tokyo

もうあとは帰るだけの3日目だったんだけど、まだまだ果たしてないことが多数・・・・

実は前日の朝飯、松屋かすき家か悩んだんだけど、すき家は二子の駅にあるので、朝出がけに寄っていけばいいかなと思って、2日目の朝は松屋にしたんだよね。

んで、その帰る3日目。

忘れてたわけじゃないけど、羽田までのルート調べたら、やっぱ

・二子~渋谷~品川~羽田
・二子~大井町~品川~羽田

大きくはこの二つのルートしかないんだよね。

「蒲田に出てバスで羽田!」

とかもあるんだけど、結構時間がかかる。

渋谷の乗り換えは面倒。

大井町線・・・混みそうで嫌だ。

ということで、乗り換えもない「高速バス」という選択を恐らく初めてした( ̄▽ ̄)

しかしだな・・・

バスって困ることが一つあってね・・・


トイレ行きたくなったら逃げ場がない(--;)

ここで、普通にすき家で朝飯食って、バスで移動している時に限ってのベンEキング・・・

ということはなきにしもあらずだ

なので、便意と引き換えに、朝飯は我慢して・・・・

バスに乗る

なるほど・・・必ず座れるし、こんな快適なのになぜ今まで使わなかったのか・・・・



って、ここ数年飛行機なんか乗る用事なかったわ( ̄▽ ̄;)

首都高が混んでいるので環八で行くとのことで・・・

古巣が見えてきた

ちなみに正面から入ったこともあるが、社員になる前の話だ

昔はこの辺が羽田空港で、右手が駐車場だったな

こんなにでかくなっちまって・・・

とりあえず生ビールとコハダ

イクラが大好物です

と・・・こないだその話し弟にしたら「じゃあいくら送ってあげるよ、(事務所の)裏明治屋だから」

って言ってたんだけど・・・



まだ届かないな・・・催促するのもアレだしな・・・



回転寿司でお腹いっぱいにしちゃあもったいないので・・・

天ざるも食う

写真の上側に板わさもお見えになります( ̄▽ ̄)

しかし便利だな・・羽田

飛びます飛びます

さいなら、東京

これは・・・なんだっけ?

海ほたる・・・

調べてやっと思い出した、アクアラインだ

俺思うんだけどさ、まぁ煙草もやめて久しいけど、飛行機ってタバコ吸っちゃあいけない理由ないような気がするんだよね?

灰皿ついてるし

使えるみたいだし

なんとなく腑に落ちない・・・(--;)

おぉ!沖縄上空、雲だらけだ

なんとなく島影的なものが・・・

お!電波も入るようになってきた

ドンキ上空( ̄▽ ̄)

ということで、宮古に戻ったんだけど、何日か前が誕生日だったもので・・・

お祝いです

このあと、街の「サマー太陽」ってラーメン屋に行こうと思ったら、営業時間が19:30までとかになっちゃってて、あきらめて・・・

仕方がないのでイオンタウンにある札幌ラーメン行こうと思ったら、そっちは人手不足で21:00終了だとかで・・・

さつきラーメンへ

なんかじみぃな味噌ラーメンだったなぁ~


で!

翌日( ̄▽ ̄)



実は友達が遊びに来てたんだけど、「ホテルの朝食食う時間があったら寝ていたい」とか言うので・・・

代わりにいただく

そんでもって、伊良部に案内して・・・

地ビール的なもの

ザーピー

ズーチー

まさに絶景&絶品

島一周して・・・

夜、またお祝い♪

これは宮古牛の生ハム

「生ハム」というより「ジャーキー」って感じでしたが・・・

あぐーの煮込み

なかなか美味しいイタリアンでしたが、そのあとラーメン行ったらまたしまってて、この日は断念

翌朝・・・

また朝飯だけいただく

そして再度ここへ

ちょっとメニュー変えてみたりして

午後にお茶飲みに行った店でサンドイッチ

最後はビーチで・・・俺はノンアルコールね(^^;)

ということで、楽しい上京の3日間とプラスの休暇でした。

またしばらくは、代り映えのしない日常に戻ることにします。

おっと!「サマー太陽」、冷やし中華始めました( ̄▽ ̄)


ところで、休んでいる間に、仕事場に電報が届いていた。

「澤田さん、電報届いてますよ」って言われて・・・



なんか不吉な予感が・・・・「ハハキトク、スグカエレ」的な・・・



いや・・・なんだかめでたそうだ(^^;)

あ!

そーか、誕生日だった( ̄▽ ̄;)

大好きな二人からのお祝い電報

それについてたコースター、使わせていただきました

一人でね(T▽T)

さぁて・・・早く梅雨明けないかな( ̄▽ ̄)